有酸素運動~水泳トレーニング

ダイエット

こんにちは!女性専用フィットネスジムWELBEX+Plus池袋西口店です。

いつもご利用頂き誠にありがとうございます。

今回は有酸素運動編水泳トレーニングについて解説していきます。

夏になると気温が高くなり外を走ったりするのが億劫になったりしますよね?

水泳トレーニングであれば水の中で有酸素運動ができます。水泳運動のメリットを見ていきましょう。

・室内運動の為天候や気温に左右されない

人は環境が悪いと動くのが面倒になったりと運動しない言い訳を始めます。整った環境内で動くことを前提としておけば日々のルーティーンにしやすくなります。

・水中での運動は関節に負荷がかかりづらい

外での有酸素運動を行うと大体が膝に衝撃が入る運動が多いかと思います。関節は消耗品になるのでプールなどで重力が低減される場所で運動すると関節を休める事ができます。

・水圧によりカロリー消費を稼ぎやすい

身体に水圧がかかると筋肉は圧力に負けないようバランスを取ろうとしてカロリーを消費します。立ってるだけでもエネルギー消費が高くなります。

それでは水泳の消費カロリーを見ていきましょう

☆1時間あたりの水泳消費カロリー一覧(体重50kg)☆

水中歩行300kcal

クロール436kcal

平泳ぎ278kcal

背泳ぎ252kcal

バタフライ725kcal

比較的ウォーキングより高い消費カロリーとなりましたね。水泳は全身の初動負荷運動になるので普段経験しない刺激が筋肉に入り、ダイエットやボディメイクにも効率的です。

おわりに~

夏の運動は熱中症や脱水症状になる可能性が高いので水の中の運動を増やして身体に斬新な刺激を与える期間にするのも良い時期かもしれませんね。

関連記事一覧