有酸素運動~ランニングトレーニング

ダイエット

こんにちは!女性専用フィットネスジムWELBEX+Plus池袋西口店です。

いつもご利用頂き誠にありがとうございます。

有酸素運動編ランニングトレーニングについて解説していきます。

初回よりウォーキング~ジョギングときましたが今回の記事は走ることに慣れてきて、より心肺機能を上げたい方やマラソンに参加したい方、よりダイエットに力を入れたい方向けになります。

ジョギングに慣れてくると習慣化されて健康的になりますがマンネリしませんか?

走ることは単調作業に近いので筋肉に対しても段々刺激が弱くなったり、筋持久力の増加ペースが落ちたり肺活量が伸びづらくなったりと効果が薄くなる可能性があります。

運動効率を落とさない為に下記ランニングトレーニングを3つ紹介致します。

☆ロングスローディスタンス(LSD)

LSDは心拍数が120~130の間で走るトレーニングでスピードの目安はしゃべりながら走れる位の速度になります。このトレーニングの特徴は運動強度が高くないので長い時間走ることができます。推奨は1時間~3時間1週間の内数回行えるトレーニングです。

☆ビルドアップランニング

ビルドアップランニングは走り始めゆっくりと余裕のある速度で走り、段階を踏んで速度を上げて走るトレーニングです。例えばスタートから5kmは心拍数120で走り5km以降から10kmまでは心拍数150で走るように徐々に速度を上げていく走法です。長く走る時間が確保できない場合は速度を上げて短い時間でトレーニングすることも可能です。

☆インターバルトレーニング

インターバルトレーニングは急走期と緩走期を交互にして速度を変えるトレーニングです。急走期は心拍数170~180位まで追い込み、緩走期は心拍数120~130に低下するまでジョギングします。これを数セット繰り返します。

運動強度は有酸素運動の中でも1番高いトレーニングになるので週に1回~2回が推奨です。

おわりに~

現代社会は自由な時間が取りづらいため健康の為の運動時間の確保が難しいケースがあります。時間がない場合でもトレーニングの強度を調節して運動量を確保しましょう。

関連記事一覧